女子部‎ > ‎試合結果‎ > ‎公式戦(2016)‎ > ‎

vs日本大学


▼結果
8/27(土)
関東大学女子サッカーリーグ第1節
東京大学vs日本大学 1-10(1-6)●

 関東大学女子サッカーリーグ、開幕。東京大学ア式蹴球部女子(以下、東大)の第1節、相手は日本大学。雨に濡れグラウンドが白く霞む中、試合開始のホイッスルがおもむろに鳴り響いた。

 試合開始から、攻められる展開が続いた。前半9分には相手がドリブルで真ん中を突破しシュートを放ったが、GK41小尾のファインセーブにより失点を防いだ。しかし前半10分、相手のコーナーキックから混戦へともつれ込み失点。【0-1】前半15分にはクロスボールを押し込まれ失点【0-2】、ゴールを狙われる展開が続き、前半34分にも失点。【0-3】前半39分、東大の甘いクリアボールを真ん中にいた相手に拾われ、ループシュートを決められた。【0-4】前半41分には、縦に抜けるパスが起点となり追加点を許してしまう。【0-5】得点が欲しい東大、前半42分に28田中がペナルティエリア内でファールを受けPKを得る。蹴るのは10大坪、今期リーグ戦で2桁得点を目標に掲げている選手だ。10大坪はPKを落ち着いて決め、持ち前の勝負強さを見せた。【1-5】前半44分、ゴール近くで失点を許したところで前半が終了した。【1-6】
  気持ちを切り替え臨んだ後半、雨は止まなかった。試合開始から1分、相手が右奥からのパスに合わせてシュート、ゴールを決められてしまう。【1-7】後半12分には右から攻め入るドリブルに守備陣が崩されゴール。【1-8】その後は徹底的に防戦を続け、しばらくは失点を防いだ。東大が優勢とは言えないものの、背水の陣でディフェンスに臨み、相手に決定打を与えなかった。後半30分には、右サイドバックの16久和からトップの28田中にボールが渡るが、惜しくもクリアされた。後半33分、左からドリブルで切り込まれ、相手にゴールを許す。【1-9】
後半38分、GKがはじいたボールを押し込まれ失点。【1-10】


 多くの点を失った分、得た教訓は大きかった。今回の試合でできた点、できなかった点を明確にし、これからの試合に生かしていきたい。
東大の戦いはまだ始まったばかりだ。
(戦評:2年丸山)

Comments