育成チーム‎ > ‎

2016/9/24

2016/09/23 20:22 に 東大ア式蹴球部 が投稿
9/17(土) Iリーグ2部Cブロック 第16節 17:00k.o. @朝鮮大学校グラウンド
東京大学 2 (1-0/1-2) 2 一橋大学
得点者:保坂、槇




 いよいよ最終節となったIリーグ。相手はライバルである一橋大学。最終節を勝利で飾ってIリーグを締めくくりたいところです。


 前半から東大は攻勢に出ます。井小路、相馬を起点に相手陣地へ押し込み、細井、北西らがゴール前で崩しを試みます。SBの日野の効果的なオーバーラップなどからも幾度となくチャンスを作ります。




 一橋は大型のFWにロングボールを送り攻撃を仕掛けますが、CBの槇、軽部らが落ち着いた対応を見せ、チャンスを作らせません。
 東大ペースで迎えた前半36分、右サイドからのクロスボールを保坂がファーで合わせ、待望の先制点を上げます。その後もポゼッションをしながら決定的な場面を何度か作りますが、得点には至らず。結局1点のみのリードで前半を折り返します。


 後半も開始から優位に試合を進めます。しかし、チャンスは作るものの追加点を奪えません。すると徐々にペースは一橋の方に。球際を激しく来る相手に苦しみ、中盤でボールを拾えなくなります。そして後半22分にロングスローからこぼれ球を押し込まれ失点すると、後半34分にも失点。逆転を許してしまいます。
 苦しい展開となりましたが、後半38分、藤山のCKを槇が頭で合わせ、すぐさま同点に追いつきます。その後、カウンターから何度か決定機を迎えます。しかし、決定力を欠き、そのまま試合終了。シュート11本放ちながらも2点にとどまり、勝利を掴みとることができませんでした。


 今シーズンのIリーグは2勝4分10敗の勝ち点10で終わりました。良い流れの時間帯に得点を奪いきれない、また、試合開始直後や悪い流れの時間帯に多くの失点を喫してしまったことがこの結果につながってしまったと思います。多くの課題や弱さが出ましたが、高いレベルの相手と戦う中で得られたものも多いです。この経験を無駄にせず、これからも一人でも多くの選手がAチームに上がれるよう育成チームは精進していきます。


これからも応援宜しくお願いいたします!



育成チーム広報
Comments