育成チーム‎ > ‎

2016/8/19

2016/08/18 20:28 に 東大ア式蹴球部 が投稿
8/17(水) Iリーグ2部Cブロック 第10節 12:00k.o. @慶應義塾大学日吉グラウンド
東京大学 1 (0-2/1-3) 5 東京国際大学A
得点者:細井



  前節から中2日。日体大戦とは打って変わり昼の猛暑の中での試合です。相手は東京国際大学。前節の勝利の勢いを殺さないためにも負けられない闘いとなります。


  前半開始から風下なこともあって相手の伸びるロングキックに苦しめられます。なかなかセカンドボールを拾えずに押し込まれる場面が目立ちますが、なんとか凌ぎます。逆にしっかり奪って攻撃につなげられたときはサイドからの崩しを活かし、何度かゴール前まで迫りましたが、効果的なシュートを放つまでには至りません。そんな中、前半22分、東大のクリアボールを拾われてから東国大にワンタッチプレーで綺麗に崩され、先制点を許してしまいます。その後東大は自分たちのペースを掴めません。全体が間延びして相手にスペースを与えてしまい、奪った後もすぐ失うという展開が続きます。結局前半のうちにもう一点許し、試合を折り返します。
  改善を期して迎えた後半。前半よりも低い位置でボールを持ち、自分たちのペースでボールを持ちますが、崩しの前のプレーで焦ってしまいボールを失う場面が続きます。ここで後半11分、13分と立て続けに失点し、イライラが募る東大イレブン。運動量も落ち、苦しい展開が続きますが、途中出場のFW細井、井小路が積極的にボールを呼び込み、ゴールへ迫ろうと試みます。それでもなかなか得点は奪えず。更に失点を許した後、後半39分にMF中村の崩しからのクロスから最後は細井が押し込み1点を返しますが、時すでに遅し。1-5で試合を終え、黒星を喫しました。
  奪った後ある程度余裕がありながらも効果的にポゼッションができなかったことは大きな改善すべき点です。また、ゴール前で集中力を欠いたプレーもありました。もちろん良いパスワークも幾度か見られ、悪い場面ばかりではありませんでしたが、今節は特に弱さが多く露呈された試合でした。次節は8/20に首位である青山学院大学との試合です。今節から改善点を洗い出した上で日体大戦のインテンシティをもう一度体現し、得点を奪って勝利を手に入れられるよう励んでいきます。応援よろしくお願いします。




育成チーム広報



Comments