育成チーム‎ > ‎

2016/7/23

2016/07/28 19:49 に 東大ア式蹴球部 が投稿
7/23(土) Iリーグ2部Cブロック 第6節 16:00k.o. @上武大学グラウンド
東京大学 0 (0-4/0-2) 6 作新学院大学

 7月18日に行われた双青戦をもってカテゴリー再編成が行われ、育成チームは新たなメンバーで再始動しました。そんな新チームでの初試合が今節、場所は上武大学、相手は作新学院大学。今までの5試合で5得点を挙げていたチーム得点王の北西がAチームへ昇格し、新たな攻撃陣の奮闘が期待されるところです。


 前半開始早々から東大は作新大に攻め込まれます。個人技で打開してくる相手に対応できず、奪ったボールもなかなか前へ運べません。浮き足立った東大の守備陣に相手の攻撃は止むことなく続き、13分、17分と立て続けに失点してしまいます。
 途中でフォーメーションを変更すると、徐々に中盤でボールを奪えるようになります。矢崎、古賀を中心に速攻を仕掛けますが決定的なチャンスを作るには至りません。結局さらに2点失点を許し、4点のビハインドを抱えた状態で前半を終えます。
 ハーフタイムで気持ちを入れ直し、後半に臨んだ東大イレブン。後半開始直後、増田のクロスから日野がヘディングシュートを放ちますが、惜しくもGKのセーブに遭います。その後はボールを持つ作新大と、奪って速攻を仕掛ける東大の構図で試合が展開されます。しかし、なかなか速攻は成功せず、逆に作新大にゴール前で個人技で打開され2失点。終了間際に途中出場の吉田のパスから保坂が相手を置き去りにしシュートを放ちますが無情にもクロスバーに嫌われ、こぼれ球を途中出場の渡辺がヘディングシュートを放つもライン上でDFにクリアされてしまいます。今日一番のチャンスでしたが得点することができませんでした。
 このまま試合終了。0-6の大敗です。一対一で簡単に打開され、ゴール前で踏ん張りきれない守備陣。奪ったボールを効果的に展開できない中盤。得点を決めきれない攻撃陣。新チーム始動後の最初の試合で実力不足を突きつけられるとともに多くの課題が浮き彫りとなった試合でした。しかし落ち込んでる場合ではありません。できたこと、できなかったことをはっきりさせ、必ず次節へとつなげていきたいと思います。






 その次節ですが、明日7月30日に東京農業大学で帝京大学と13:00k.o.で行なわれます。東京都リーグでも同じリーグに所属する帝京大学。絶対に負けられません。必ず勝利を掴みたいと思います。応援宜しくお願いします。


育成チーム広報

Comments