育成チーム‎ > ‎

2016/6/13

2016/06/13 3:45 に 東大ア式蹴球部 が投稿
6/11(土) Iリーグ2部Cブロック 第4節 11:00k.o. @筑波大学グラウンド
東京大学 0 (0-0/0-1) 1 筑波大学

30℃近い暑さの中で行われたIリーグ第4節。会場は前節と同じく筑波大学。対戦相手は会場校である筑波大学です。筑波大は他カテゴリーの選手たちが応援をしており、東大にとっては完全アウェーな試合となりました。また、東大は前節からスタメンが6人入れ替わり、フレッシュなメンバーで試合に臨みます。


 前半からFW吉田、北西を中心に高い位置からプレスをし、相手のミスを誘発してボールを奪います。相手の中盤あたりで奪ってからの速攻や、低い位置で組み立ててからのMF中村のサイドへの抜け出しなどからシュートまで持ち込みますが、ゴールネットを揺らすには至りません。前半途中から相手DFのロングフィードをFWが落としたボールを奪いきれずにバイタルエリアで相手選手に前を向かれる場面が何度か見られますが、DF新見、槇を中心に集中した守備を見せ、得点を与えません。スコアレスのまま前半を折り返します。
 後半最初はフォーメンション変更が功を奏して中盤でボールを拾えるようになり、何度かチャンスを作ります。北西のスピードが生き、決定的な場面もありましたがなかなか先制点を奪いきることができません。セットプレーも何度もありましたがシュートまでに至りません。そして徐々に相手にペースを奪われ、後半37分、東大のFKからのカウンターで一瞬の隙を突かれ失点。その後FW藤岡を投入しゴール前に迫るも同点には至らず試合終了。自分たちの時間帯を多く作りながら決めきれずに0-1での痛い敗戦となりました。


 筑波大との試合を終え、3年吉田に話を聞きました。



ーーーー試合を振り返ってみてどうでしたか。

吉田「試合の入り方、試合中の集中力といった面ではこれまでの3試合よりも良かったように感じました。1年生がスタメンの過半数という状況で、各自が自分の役割をはっきりと認識し、プレーできていたと思います。
 敗因としては、自分たちの時間帯にゴールを決めきれなかったことがあげられますが、これを個人だけのせいにするのではなく、どうすれば攻撃回数を増やせるか、どうすれば決定的なかたちに持っていけるかをチーム全体で考えて行動に移していくことが重要だと思いました。
 ゴール前での精度を高めるという目標でしたが、Iリーグで0得点、個人的なシュート数も1本ということからわかるように、そもそもゴール前でプレーする機会がほとんどありませんでした。今週からはいかにゴール前でいい状態でボールを受けるかも含めて、工夫をしていきたいと思います。」

ーーーーありがとうございました。


また、先週行われたIリーグ以外の試合の結果は以下の通りです。


6/11(土) 国公立大会 トーナメント初戦 15:00k.o. @農学部グラウンド
東京大学 7 (2-1/5-1) 2 首都大学東京
得点者 佐俣×3、服部智×2、矢崎、根本

6/12(日) TRM 17:45k.o. @御殿下グラウンド
東京大学 1(1-1/0-2/0-0) 3 学習院大学
得点者 寺山


今週は1年古賀に話を聞きます。


今後とも応援よろしくお願いします!


育成チーム広報


Comments