育成チーム‎ > ‎

2016/10/10

2016/10/09 19:50 に 東大ア式蹴球部 が投稿
育成チームOBコーチ特集第二弾。今週は行天隼人コーチの素顔に迫っていきます!

 現役時代からサッカーに対して熱い情熱を注いできた行天コーチ。昨年秋に引退してから育成チームの現状を変えるべくOBコーチに就任しました。そのサッカーへの深い理解からなるシステマチックな指導と、チームを盛り上げるモチベーターとしての役割を兼ね備えたその姿は多くの部員に慕われています。そんな行天コーチがどんなコーチだったか、現役部員にその印象を聞いてみました!



1年・古賀
「行天さんは、OBコーチとしての自分を客観的に見れている人だという印象を持っています。自分の意見を押し付けすぎず、常に自分以外の意見も聞き入れてくれていました。実際、行天さんの意見に対して僕自身の意見を気軽に言うことができ、プレーの細かい部分まで修正することができました。入部当初からずっと、困った時に頼れる、そんなOBコーチだったと思います。」


2年・佐俣
「この一年間、行天さんはすさまじい情熱を持って、育成チームの活動にコミットして下さいました。サッカーを知悉している行天さんの指導は常に的確で、今年の育成チームを一から作り上げ、Iリーグを戦い抜けるチームにレベルアップさせて下さいました。自身の経験を踏まえて選手たちには強い言葉をかけて下さる一方で、ピッチの外ではひょうきんなキャラクターを発揮し、メンバー全員から慕われていたOBコーチだったと思います。」


3年・吉田
行天さんはいい意味でミーハーなOBコーチでした。育成のアイリーグ出場や基礎技術向上期など、様々な新しい取り組みをしてくれました。
一方で途中でマンネリ化してしまった取り組みもありました。行天さんはミーハーなOBコーチでした。」


4年・平田
現役時代から一緒にプレーする時間が長く、人を導くのが上手な方だと思っていました。そしてOBコーチになられてからは、その能力を遺憾なく発揮されていました。行天さんの姿勢、態度、コミットメントの度合いなどに関して、これまでのOBコーチの概念を変えた方だと思います。」



  いかがでしたか。育成チームがこの1年でレベルアップできたのも行天コーチなしではありえませんでした。しかしこの体制も今週で最後。行天コーチ、嶺川コーチに恩返しをするためにも今週末の試合は必ず勝って締め括りましょう!
  そんな今週の試合予定は、

10/15(土)  17:00k.o.   vs立教大学  @東京大学農学部グラウンド


です。応援よろしくお願いします!



育成チーム広報


Comments