第6回東大サッカーフェスティバル

2019/01/02 6:02 に 東大ア式蹴球部 が投稿

12/22(土)〜12/24(月)の日程で第6回東大サッカーフェスティバルが開催されました。
この大会は、ア式でサッカーをするために東大を目指す高校生を増やすことを目標に、全国で勉強とサッカーの両方で高いレベルを目指す高校を招待して毎年年末に開催している大会です。

今年は
浅野高校・麻布高校・開成高校・県立仙台第二高校・県立広島高校・攻玉社高校・県立高松高校・東大寺学園高校(50音順)の8校が参加してくださいました。

最終日の順位決定戦の結果、
優勝:開成高校
準優勝:浅野高校
3位:県立仙台第二高校
となりました。

大会を通して、各高校が熱い試合を繰り広げてくださいました。年末の忙しい時期にもかかわらず、大会に参加してくださった学校関係者の皆様、並びに御協賛頂いたドーム様、加茂商事様、改めて御礼申し上げます。
東大サッカーフェスティバルご協力していただき、誠にありがとうございました。

また今大会をもって、2018年のア式蹴球部の活動は全て終了しました。一年間、御支援と御声援をいただき、ありがとうございました。
2019年も部員一同精進致しますので、これからも東京大学ア式蹴球部をよろしくお願い致します。


優勝した開成高校

最優秀選手の開成高校・阿久津選手

2018年納会

2019/01/02 5:54 に 東大ア式蹴球部 が投稿

12月15日(日)、本郷キャンパスメトロ食堂にて2018年の納会を行いました。

武田厚LB会理事長をはじめ多くのLB会の皆様にもご出席いただき、男子部女子部ともに一年の活動を報告しました。
今年一年、LB会の皆様には、新部室の建設をはじめ多くのご支援ご声援を賜りました。改めて深く御礼申し上げます。


創部100周年記念祝賀会

2019/01/02 5:42 に 東大ア式蹴球部 が投稿


12/8(土)、東京帝国ホテルにおきまして、東京大学運動会ア式蹴球部創部100年記念祝賀会を執り行いました。

式典には日本サッカー協会田嶋幸三会長や東京大学執行役藤井輝夫副学長はじめ多くの御来賓の皆様と、130名を越えるLB会員の先輩方がご臨席されました。
式典冒頭、東大LB会を代表して武田厚理事長より「これまでの100年」の振り返りと、「これからの100年」への想いを込めて製作された『闘魂 東京大学運動会ア式蹴球部創部100周年記念誌』の紹介など挨拶がありました。

これまで多くの先輩方がア式蹴球部の門を叩き、日々鍛練を重ね、そして卒部していきました。そうして連綿と紡がれた100年の歴史が持つ重みは計り知れないものです。しかしこの歴史あるア式蹴球部に身を置く者として、私たち現役部員に出来ることは歴史と伝統に敬意を払い、日々前に進むことだけです。
来年2019年は「次の100年」への第一歩を刻む年となります。ピッチ内外で飛躍を遂げることが出来るよう、部員一同励んで参ります。


運動部相互応援

2019/01/02 5:15 に 東大ア式蹴球部 が投稿

東京大学運動会応援部、アメリカンフットボール部、ラクロス部、硬式野球部とお互いの試合観戦に行きました!

9月2日のリーグ戦第11節一橋大学戦にみなさんが応援に来てくださいました。

10月21日に硬式野球部の法政大学戦を観戦しました。
今季最終戦ということもあり、出塁や得点の際には応援席が大いに沸き、大変見応えのある試合でした。

11月10日、ラクロス部の関東1部リーグ決勝・早稲田大学戦の応援に行って参りました。
4点のビハインドから追いつくなど、熱い展開に応援席は大盛り上がりでした。惜しくも敗れてしまいましたが、高いレベルの試合に大変刺激を受けました。

11月18日、アメリカンフットボール部WARRIORSの桜美林大学戦の応援に行って参りました。
激闘の末逆転勝利し、見事TOP8に昇格が決まりました!WARRIORSのみなさん、おめでとうございます!!


他の部の頑張りを間近で見て大変刺激を受けました。
今後も同じ大学の運動会同士交流を深め、お互い高め合って参りますので、東京大学運動会への応援よろしくお願いいたします。

ホームカミングデー

2019/01/02 4:45 に 東大ア式蹴球部 が投稿

【ホームカミングデー開催】
10月20日(土)、本郷キャンパスにて今年度のホームカミングデーが開催されました。


今年度は宮城県亘理町から地元のサッカーチームに所属する子供たちを招待致しました。


バスで到着後、今年の3月にリニューアルオープンした中央食堂で昼食を取り、部員の案内で赤門や安田講堂などキャンパス内を見学しました。
その後、御殿下グラウンドにて現役が普段行っている練習メニューやゲームなどで汗を流し、最後は部室二階にて懇親会を行いました。


ア式蹴球部では東日本大震災以後、福島県相馬市でのサッカー教室などサッカーを通じた社会貢献活動を行ってきました。それは多くの先輩方が社会・サッカー界に果たされてきた使命を受け継ぐものであります。
今回はご縁がありました亘理町の子供たちを東大にお招きするという新たな形で企画をさせて頂きました。子供たちが大好きなサッカーを通して、少しでも楽しんで頂けたら嬉しく思います。


ア式蹴球部は今後も「社会・サッカー界に責任を負う存在」として、大学の一部活としての立ち位置に留まることなく、ピッチ内外の活動に精一杯取り組んで参ります。

最後に、今回の企画に際してスケジュールや企画等の調整にご尽力下さいました、佐藤製線販売株式会社の相原順三様にこの場をお借りして、厚く御礼申し上げます。


第69回双青戦サッカー

2018/08/18 4:00 に 東大ア式蹴球部 が投稿

7月28日(土)、29日(日)に御殿下グラウンドにて第69回双青戦が行われました。

以下、結果をご報告致します。


◯OB戦
・Over-65
○1-0

・Over-55
●0-1

・Over-40
○2-0

・Under-40
○3-1


◯1軍戦
○3-1(2-1,1-0)

得点者・アシスト者
7番寺山(4年・麻布)/29番中村紳(3年・湘南)
8番中村知(2年・東京学芸大附)
11番井小路(4年・暁星)/29番中村紳(3年・湘南)


〇2軍戦
1-1(1-0,0-1)
得点者・アシスト者
16番保坂(4年・聖光学院)/30番和田(2年・灘)


〇3軍戦
1-1(0-1,1-0)
得点者/アシスト者
13番佐田(1年・早稲田)/69番青木(2年・早稲田)



台風接近の影響による初日のOB前哨戦の中止こそあったものの、創部100周年の双青戦を大きな混乱無く終えることができました。
グラウンドに足をお運びくださり、多大なるご協力・ご声援いただいた関係者各位の皆様に、部員一同深く感謝申し上げます。
受験生応援企画にご来場くださった皆様も、弊部に少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

東京大学応援部の方々が応援に来てくださったこともあり、リーグ戦とは一味違った熱気の中で、お互いのプライドをかけた伝統の双青戦を戦い抜くことができました。
この二日間を良いきっかけとして、約1ヶ月後に開幕を控える後期リーグで両校とも素晴らしい成績を残し、お互い昇格を果たしたうえで、来年度の開催場所となる京都の地で再開することを誓い合いました。

東京大学ア式蹴球部としましても、1軍戦では勝利こそ得たものの、全てのカテゴリーの試合で多くの課題が露呈しました。後期リーグへ向け今一度気を引き締め、猛追してくる他校を振り切り悲願の東京都一部昇格を果たせるよう日々弛まぬ努力を続けて参ります。

今後とも変わらぬご声援のほど、よろしくお願い致します。




2018年度入部式

2018/05/22 1:59 に 東大ア式蹴球部 が投稿   [ 2018/08/18 3:49 に更新しました ]

4月22日(日)、本郷第二食堂にて入部式が執り行われました。

今年度は男子部24名(うちスタッフ8名)が新たにア式の門を叩くこととなり、各々抱負を語りました。


また、利重孝夫総監督や藤原真一LB会副理事長からは、新入生への熱い歓迎・激励のお言葉をいただきました。

フレッシュな仲間を迎え、今年こそ都1部リーグへの復帰を実現させるべく、日々努力を重ねて参ります。

今後とも東京大学ア式蹴球部をよろしくお願い致します。


2017年度卒部式

2018/03/28 1:42 に 東大ア式蹴球部 が投稿   [ 2018/08/18 3:48 に更新しました ]

3/25(日)、本郷第二食堂にて卒部式が執り行われました。

式には卒部する4年生・現役部員だけでなく、部員の保護者の皆様も多数ご出席されました。

今年度は男子部18名、女子部2名がア式蹴球部を卒部いたしました。

武田厚LB会会長や利重孝夫総監督、福田雅監督から卒部する4年生に向けて、これまでの4年生への労いとこれからの人生への激励の言葉がありました。

今まで様々な場面でお世話になってきた4年生の先輩方の益々のご活躍を現役部員一同、期待しております。


Aチーム鹿島遠征

2018/03/28 1:39 に 東大ア式蹴球部 が投稿

先週のAチーム鹿島遠征のレポートをお送り致します。 

 
アミノ杯を目前に控えた中、3月15日(木)から18日(日)にかけて鹿島遠征を行った。 
この遠征では普段の合宿とは違い、大会に参加し4日間で6試合こなすというものである。今回出場する大会であるTRAUM CHALLENGE FESTAには16チームが参加し、4チームごとの予選リーグを行い、各上位2チームによる決勝トーナメントによって順位が決まる。 

リーグ初戦の相手は国際武道大学Cチームとの対戦。開始早々、東大が練習してきた攻撃の形でペースを握り、前半を3-0で折り返す。後半はさらに1点を取るも2失点してしまい、嫌なムードが漂う。しかし、終盤に寺山がダメ押しのゴールを決め、試合終了。5-2で勝利を収めた。 

2日目。昨日の良い天気とは打って変わって雨風共に強く、3月とは思えない程寒い中試合が行われた。 
午前は産業能率大学2ndチームとの対戦、前日に同リーグである日本体育大学Fチームを13-0で下している強敵。 
序盤から縦に速い攻撃で後手に回ってしまう。しかし、先制点は東大。幅を広く使った攻撃で綺麗に崩した。だが、産能も反撃。一気に3失点されてしまう。その後も一進一退の攻防が続き、前半終了間際に得点し、前半を2-3で終える。逆転を意気込んで迎えた後半、開始早々から押し込まれ失点してしまう。その後も押され続け、終わってみれば2-8。関東レベルの2ndチームに惨敗を喫した。しかし、この試合は悪い所も良い所も出たため、非常に収穫のあった試合だったと言えるだろう。 
午後は日本体育大学Fチーム。東大はスタメンを全員変え、2ndチームでリーグ最終戦に挑む。序盤から東大がペースをつかみ先制するも簡単なミスからピンチを生む。前半終了間際に相手にPKを与えるも得点は与えず、前半を1-0で終える。後半も危ないシーンがありつつも2年伊地知のハットトリックの活躍などにより4-0で終了。見事に予選リーグを2位で突破した。 

3日目、雨は止んだが冷たい風が吹き荒れる。 
午前の相手は他の予選リーグを1位で突破した城西国際大学Bチーム。開始早々サイドから崩し伊地知のゴール、そして前半の半ばで伊地知のロングシュートが決まり、2点を先制する。しかし前半終了間際に失点してしまい、2-1で前半を折り返す。後半、疲労を考え選手を大きく変えた後一方的に押し込まれる展開が続くがなんとか耐えきり、2-1で試合終了。準決勝進出を決めた。 
午後の準決勝の相手は明治学院大学Cチーム。立ち上がりから単純なミスが多く危ない展開が続き、さらに疲労が溜まっているからか、さほど強くは感じない相手に対してなかなか決定機を作れない。そして前半は1-1で終える。後半は両チーム選手を大きく変えて挑む。立ち上がり相手の猛攻を受け一気に2失点してしまう。しかし少ないチャンスの中またもや伊地知が点を決める。このまま追い付こうと反撃をするが及ばず、2-3で敗れてしまう。 

そして最終日、ここ2日間の寒さが嘘のように感じる暑さの中、3位決定戦東京国際大学Happinessとの試合が始まった。序盤から押し込んだ展開が続くもチャンスを決めきれないシーンがかなり多い。それでも得点を量産し、4-2で試合終了。見事3位で大会を終えた。 


6試合を通して、良いことも悪いこともかなり見え、何よりたくさん勝てたことによって大きな自信を得ることができたのが遠征の1番の収穫だったと言えよう。また、試合の映像を全員で見て話し合い、それぞれの意見を共有した時間が大変貴重で充実した時間だった。
今週から始まるアミノ杯では、遠征でより一層磨かれたア式のサッカーで、相手チームに「東大は強い」という認識を植え付けていきたい。

部室お披露目会

2018/03/19 1:53 に 東大ア式蹴球部 が投稿

3月17日(土)、新部室にて部室お披露目会を行いました。 

お披露目会には、浅見俊雄前LB会理事長や武田厚LB会理事長などLB会の皆様や部室工事を請け負ってくださった日東工営の方、東京大学渉外本部の方など、多くの方にご臨席頂きました。 

新しい部室にはミーティングルームやシャワー室も完備されています。また、女子用の更衣室やシャワールームも設置され、ア式蹴球部のスタッフやア式蹴球部女子の選手も快適に過ごせる環境が整いました。 

今回の部室建て替えにかかった費用は全てLB会の皆様などからの寄付にて賄われています。部員一同改めて御礼申し上げます。 

3/25(日)には今季初の公式戦となるアミノバイタルカップが始まります。この素晴らしい部室にふさわしいチームになれるよう一戦一戦闘って参ります。

1-10 of 23