部員通信‎ > ‎

2017年度1年生特集 第2弾

2017/08/16 1:13 に 東大ア式蹴球部 が投稿   [ 2017/08/16 3:52 に更新しました ]
今回は1年生特集第2弾です。中村、西、松本の3選手と、トレーナーの比屋根にインタビューに答えてもらいました。
4人の真面目さが伝わるインタビュー内容となっています。



中村知朗
(東京都国立東京学芸大学附属高校)



Q1.出身校の紹介をお願いします!

学大附高の数ある行事の中でも最も大きなものが9月の辛夷祭です。特に3年生がクラス全員で作り上げる演劇は見る価値ありです!
続きは大学で同じクラスでもある神辺須に任せます。


Q2.勉強と部活をどう両立してきたか、教えてください。

勉強の時間とサッカーの時間の切り替えを意識していました。


Q3.高校のサッカー部において最も記憶に残っているエピソードは?

3年のとき選手権の予選決勝で2点取ってチームも勝ったこと!


Q4.俺のここを見ろ!

ゴールにつながる決定的なチャンスメイク


Q5.ア式への想いをどうぞ

このチームが上のカテゴリーに行く力になりたい、全力でやります!


Q6.西雄太を一言で表すと?

正統派ボランチ




西雄太(東京都私立本郷高校)



Q1.出身校の紹介をお願いします!

本郷高校は、巣鴨駅の近くにあって、売りはたぶん、人工芝のグラウンドがあること。ラグビーが強くて、俺が中1くらいの時に全国行ってた。どうでもいっか。割りと勉強も部活もやろうよみたいな雰囲気。運動部に所属してる人も結構多いし。
人工芝は推しといて!雨でもできるし、ライン引く必要ないし。あ、でも人工芝って言う人多そうだな…でもまあ本郷の売りってそこくらいだし。


Q2.勉強と部活をどう両立してきたか、教えてください。

部活から帰ってそのまま寝ずに、少しでも勉強しようと心がけていました。といっても、一浪したので、両立できなかったってことかな…


Q3.高校のサッカー部において最も記憶に残っているエピソードは?

相手の頭にヘディングして目の上切って、テーピングして試合に出たこと。


Q4.俺のここを見ろ!

スライディングと変な走り方


Q5.ア式への想いをどうぞ

少しでもこのチームに貢献できるよう、頑張ります!


Q6.比屋根有美子を一言で表すと?

優しそう




比屋根有美子(兵庫県私立小林聖心女子学院高校)



Q1.出身校の紹介をお願いします!

小林聖心女子学院出身です。緑溢れる環境で筍が掘れたり、野生のアライグマが出没したりしていました。また丘の上の学校だったので、教室の窓から季節の移り変わりを感じることも出来ました。特に授業中に入ってくる心地良い風によく心を奪われていました。


Q2.趣味を教えてください。

音楽と空を見ることです。
音楽は聴く人や立場、感情によって無限大の楽しみ方が出来る所が面白いなと思います。何も考えずにただ聴くのと、「音楽」として意識して聴くのとではまた違った世界が開けるような気がします。
空を見ることは趣味というよりいつのまにか見ている感じです。いつも違った表情をする空が大好きです。ですが、グラウンドから見る空は何物にも代え難い美しさがあるように思います。ア式の人達と今後どのような景色を見れるのか楽しみです。


Q3.「ゆみかん」って呼ばれているけど、その由来は?

みかんが好きなのと、手が黄色いからです。(でこぽんの方が好きなのは秘密)


Q4.アピールポイント!

小さすぎる歯、大きすぎる心?


Q5.ア式への想いをどうぞ

自信をもってア式の一員であると言えるように頑張ります。


Q6.松本周平を一言で表すと?

優しさと強さを兼ね備えた人




松本周平(東京都私立武蔵高校)



Q1.出身校の紹介をお願いします!

僕の出身校は武蔵高校です。武蔵が自由だとか、自然豊かだとか、ヤギがいるとかはよく言われることなので省略して、サッカーのことにフォーカスしようと思います。
まず、一番大きなポイントは自分が武蔵に入りたいと思った最大の要因である人工芝のグラウンドです。また、実際に入学してみるとS級ライセンスを持った監督がいたり、専門的な知識を持ったトレーナーがいたりと、サッカーをするのに最高な環境が整っていて、武蔵に入って本当に良かったと思っています。
詳しい説明は武蔵の元主将の大谷くんに任せます(笑)


Q2.勉強と部活をどう両立してきたか、教えてください。

早い段階で意識高く勉強を始めて、高3の遅くまで部活を続けても大丈夫なようにする


Q3.高校のサッカー部において最も記憶に残っているエピソードは?

高2の時のインターハイ都大会一次トーナメント決勝で早稲田実業と対戦した時のことです。
先制されるも槇さんの気迫のヘッドで同点に追いつき、延長戦に突入します。そして延長前半に勝ち越されるも再び槇さんの渾身のヘッドで追いつきます。
結果としては延長後半に再び勝ち越されて武蔵は敗退してしまったのですが、何度逆境に立たされても、諦めず、プレッシャーを物ともせず、ゴールを決める槇さんの姿は今でも目に焼き付いています。


Q4.俺のここを見ろ!

光速ドリブル


Q5.ア式への想いをどうぞ

将来的にア式を勝てるチームにする


Q6.中村知朗を一言で表すと?

和製メッシ



出身校被りが多い今年の1年生。出身校の紹介をリレー形式にする人が出てきました。これはますます次回以降が楽しみですね!
Comments