無題

2016/10/18 7:50 に 東大ア式蹴球部 が投稿

東京都大学サッカーリーグ1部 第18節 vs帝京大学

2016/10/13 17:38 に 東大ア式蹴球部 が投稿
10月16日(日) 12:00キックオフ @東京大学御殿下グラウンド

東京大学 0(0-0/0-1)1 帝京大学

2節前にすでに降格が決定した東大だったが、前節の國學院戦では意地を見せるどころか大量失点を犯し完敗してしまう。泣いても笑っても今節の帝京大学戦が東大の意地を見せる最後のチャンスとなった。傍目から見ればただの消化試合なのかもしれないが、来季へとつながる大事な一戦であり、そして、引退する4年生とサッカーをする最後の貴重な90分である。
東大は今シーズンこれまでの全試合でフル出場を果たしていた、DFの要である工藤をイエローカードの累積による出場停止で欠く。

スタメン:GK石川 DF北山、松坂、符、中沖 MF長久保、酒井、沢登、寺山 FW多田、山岐

前半

東大は立ち上がりはリスクを回避するためシンプルにボールを前へと送り、なるべく相手陣地でプレーしようとする。
前半3分、クロスからの混戦からFW多田がファーストシュートを放つ。しかしこれはDFに弾かれてしまう。
直後の前半6分、東大は大ピンチを迎える。左サイドから正確なクロスを上げられ、相手FWに強烈なヘディングシュートを打たれてしまうが、これをGK石川が素晴らしいファインセーブ。頼れる守護神によって帝京の決定機を凌ぐ。
そこから東大は前半12分、18分と立て続けに惜しいシュートを放つがゴールが遠い。逆に30分にはまたもや帝京に決定機を作られるが、GK石川が阻む。互いに決め手を欠く展開が続く。
前半終盤に入りそのままスコアレスでハーフタイムに突入すると思われたが前半43分、東大に絶好のチャンス。DF北山の絶妙なパスを受けたMF寺山がキーパーと一対一となり、至近距離からボレーシュートを放つがわずかに左に外してしまう。
結局前半は両者無得点で終了した。

後半

後半、守備から入ろうという意図の東大は、立ち上がりからMF寺山に替えてMF服部直を投入する。先に点を取ったチームが大分有利に試合を運べる展開が予想されたが、攻め急いだ結果失点するのを防ぐことも考えなければならない。
後半17分相手に立て続けにコーナーキックを与えるが、なんとかこれを防ぐ。後半24分、コーナーキックからFW山岐がニアで合わせるが、惜しくも外れる。
そろそろ得点の欲しい東大は直後の後半25分MF長久保を下げ、MF武田を投入する。しかし、後半28分ペナルティエリア内で東大DFがファールを犯しPKを与えてしまう。これまで散々決定機を防いできたGK石川だったが、これを止められず、東大は痛すぎる失点を喫してしまう。
もういくしかない東大はMF山口、FW白藤を立て続けに投入し攻勢をかけようとする。
終了間際の後半43分にはコーナーキックからDF中沖が惜しいシュートを放つが、これは決まらず。スコアはそのまま動かず、試合は終了した。


今節をもって約半年間にわたるリーグ戦が幕を下ろした。東大にとっては一部の厳しさを改めて痛感させられた半年間であっただろう。しかし、数は少ないながらも一部の強豪相手に十分にやりあえた試合もあった。この経験は今後の東大サッカー部にとって大きな価値を持つだろう。


来季はまた二部からの再スタートになります。一年で一部の舞台に戻ってこられるようがんばります。
ぜひともこれからも東大ア式をよろしくお願いします。応援ありがとうございました。
Comments