リーグ戦第9節vs成城大学

2018/06/28 22:29 に 東大ア式蹴球部 が投稿
2018年6月24日
東京都大学サッカーリーグ2部 第9節
vs成城大
〇6-2(3-0,3-2)

前期最終節、首位をキープしつつ成城大学を迎え撃つ。過去にも接戦を繰り広げた相手だけに、ここで負けるわけにはいかない。

キックオフ直後から、ポゼッションを展開しチャンスを狙う東大。一方の成城もカウンターやセットプレーからゴールを狙うが、東大はGK満永(3・教養)を中心に跳ね返していく。
すると30分、白藤(3・工)からパスを受けた中沖(4・経)が突破をはかり、あげたクロスに佐俣(4・工)がピタリと合わせ先制。
さらに43分にはコーナーキックを槇(3・工)が冷静にトラップ、相手をかわし追加点。そして47分には再び中沖のクロスを今度は井小路(4・教養)が合わせリードを3点に広げる。

後半に入っても勢いを緩めない東大は、後半開始早々、中沖・佐俣のホットラインで4点目を叩き込む。その後東大は松本(2・理Ⅰ)、怪我から復帰した内倉(2・理Ⅱ)を投入し新たな攻撃のバリエーションを作る。
後半26分にはまたしても左サイドを駆け上がった中沖から井小路が5点目、さらに3分後には松本が佐俣とのワンツーからあげたクロスを井小路が華麗に流し込み、ハットトリックを決める。

終盤惜しい失点もあったものの、日野(4・農)のカバーリングや大谷(2・文Ⅰ)の競り合いなどの活躍で最後まで集中していた東大、終わってみれば6-2と好成績でリーグ戦の中断期間に入ることができた。

東大は無事に首位で折り返すことができましたが、結果に慢心することなく、選手・スタッフ一丸となり後期開幕、その先の1部昇格を目指して全力を尽くします。
これからも、温かいご声援よろしくお願いいたします。


文:4年 増田


Comments