リーグ戦第5節vs玉川大学

2018/06/03 21:30 に 東大ア式蹴球部 が投稿

2018年5月27日
東京都大学サッカーリーグ2部 第5節
vs玉川大学
◯3-1(1-0,2-1)


前節、降格組の武蔵大を倒し勢いを増す東大。今節は難敵、玉川を迎え撃つ。応援団も、今期初スタメンの大谷(2年・文2)に「大谷、テンション、上げてけよ!」とエールを送る。


序盤、大きく蹴ってくる相手にセカンドボールを拾われシュートを撃たれる場面もあったが、GK満永(3年・教)のナイスセーブでなんとか0に抑える東大。

そして前半16分、セットプレーで一度クリアされたボールを細井がゴール前に放ると、テンションの上がった大谷がボレー。これが綺麗にゴールに吸い込まれ先制。前半早々で得点が動き、声を掛けもう一度引き締める東大イレブン。

その後28分、43分と井小路(4年・教)と日野(4年・農)がそれぞれ惜しいシュートを放つもなかなか追加点は奪えない。気の緩みも全く見せずそのまま前半を1-0で折り返す。


後半、逆転すべくギアを上げてきた玉川に攻め込まれる場面も多々あったが、細井や槇のしっかりと我慢できた対応で最後はやらせない。
そして迎えた81分。中村知(2年・文3)のCKをテンション大谷が今度はヘディングで合わせ2-0。本当に大きな追加点。勢いそのままに83分、中村知とのワンツーから抜けた中沖(4年・経)のクロスを後半途中から入った佐俣(4年・工)がゴール。これで3-0。

反撃に出たい玉川は、90分にゴールを奪うも、もはやここまで。3-1で東大は勝利を収めた。


これで4連勝となるわけだが、だから何だという話。昇格するために勝ち続けることは必須であり、今後の結果次第ではこの連勝は誰の記憶にも残らないただの思い出。いま浮かれてるようでは先は見えている。
東大復活の為、ただ目の前の相手を倒し続けるのみ。


次節の帝京は、粘り強く勝ち点を重ね現在3位につけている難敵です。
引き続き応援よろしくお願いいたします。


文責・4年中沖



Comments