リーグ戦第4節vs武蔵大学

2018/05/23 6:17 に 東大ア式蹴球部 が投稿   [ 2018/05/23 6:21 に更新しました ]
2018年5月20日
東京都大学サッカーリーグ2部 第4節
vs武蔵大学
◯1-0(0-0,1-0)

前節、理科大相手にまさかの先制点を許しながらも後半地力の差を見せつけ、打ち合いを制した東大。
今節の相手は昨年1部から降格してきた武蔵大学。五月祭も行われ多くの人が観戦に来る中、連勝して勢いに乗る東大の真価が問われる一戦となる。

試合開始。武蔵大学は前線の大型FW目掛けてロングボールを蹴りそのこぼれ球を狙うやり方を徹底してくる。東大はセカンドボールへの反応の速さで対抗し、そこから手薄になっている相手のサイド裏のスペースを付いてチャンスを作る。武蔵大学のパワープレーに何度かピンチを迎えるもGK満永(三年・教養)を中心に守備陣が身体を張り得点を許さない。互いに非常に引き締まった前半をスコアレスで折り返した。

後半も前半と同様にロングボールを当ててくる武蔵に東大が応戦する形となる。中沖(四年・経済)のクロスから佐俣(四年・工)のヘディングがクロスバーに当たるなどチャンスも作るが決めきれず。流れを変えるべく、互いに交代カードを切っていく。東大は攻撃陣に起点を作れる井小路(四年・教養)やパスの出し手となれる白藤(三年・工)を、またロングボールに対抗するために守備陣にも大谷(二年・文Ⅰ)を投入。一進一退の攻防が続く。

見ている誰もがスコアレスドローに終わる雰囲気を感じ始めた試合終盤、遂に均衡が破れる。敵陣ペナルティエリア内右側に浮いたボールを井小路が競りそのこぼれ球を寺山(四年・工)が拾い、空いた左サイドに走り込んだ中沖へラストパス。ダイレクトで振り抜いた右足にボールはジャストミートせず、枠を大きく右に外れるかに見えたが、シュートは相手選手の頭に当たりゴールへと吸い込まれていった。幸運な形ではあったが、待望の先制点。残りの時間も相手のロングボールに対して身体を張り続けチャンスを作らせず、1-0のまま試合終了。ウノゼロでの勝利を飾った。

これで3連勝。順位も3位まで上がってきた。選手たちの表情にも自信が付いてきたように見える。
しかし当然のことながら、ここで立ち止まるわけにはいかない。昇格のためにはこの勝利をシーズン通して続けていかなければならない。

次節は5/27(日)、相手は玉川大学です。昨年も最後まで昇格争いを演じた難敵ですが、4連勝を目指して部員一同より一層気を引き締めて臨みます。
引き続き応援よろしくお願いいたします。

文責: 3年 松坂


Comments