リーグ戦第4節vs成城大学

2017/05/28 23:04 に 東大ア式蹴球部 が投稿   [ 2017/05/28 23:14 に更新しました ]

2017年5月21日
リーグ戦第4節vs成城大学
●0-1

五月祭で盛り上がる本郷キャンパス。その盛り上がりを御殿下にも反映して何としても勝ち点3を獲得したいところだ。

開始直後は東大ペースで試合が進む。FW多田、MF武田が立て続けにミドルシュートを放ち、相手ゴールを脅かす。

しかし、東大は一瞬の隙を突かれる。前半18分、ルーズボールを相手に拾われ、ゴール前まで持ち込まれ失点してしまう。いい流れだっただけに、非常に悔やまれる失点だ。

その後はなかなかチャンスを作ることができず苦しい時間が続く。セットプレーで何度か危ない場面を迎えるもDF工藤とDF寺内を中心に集中した守備を見せ、相手に追加点を与えない。前半は成城1点リードで終わった。

後半もペースをつかめない東大だが、FW白藤の投入により状況が一変する。彼が良いポジションでボールを受けることにより東大の攻撃が活気付き、何度も好機が訪れる。しかし、多田のシュートはポストに嫌われ、DF中沖のシュートは相手GKのファインセーブに阻まれるなど、得点を奪うことができない。

その後もチャンスは作るものの1点が遠い東大。攻撃的な交代カードを切るも、成城の堅いディフェンスに阻まれゴールを奪うことができず、タイムアップの笛が鳴った。

2分2敗と未だ勝利がなく苦しい戦いが続いておりますが、一戦一戦結果を残せるよう選手・スタッフ一同全力で戦っていきます。


(文・2年 テクニカルスタッフ 井上雄太)



Comments