力及ばず…

2016/04/18 7:29 に 東大ア式蹴球部 が投稿
4/17(日) アミノバイタルカップ予選準決勝 vs立正大学 @東京経済大学

前半1-3
後半2-2
  3-5

24分沢登(アシスト 山口)
25分立正
34分立正
40分立正
67分柳澤(アシスト 工藤)
73分立正
85分立正
93分山田(アシスト 酒井)

スターティングメンバー

          山田

   中沖  山口  柳澤

    酒井  工藤

北山   符  輕部   沢登

       石川

選手交代
      IN    OUT
HT  服部 ↔ 輕部
    寺山 ↔ 沢登
68分 武田 ↔ 柳澤


春の嵐吹き乱れ、晴天の中雨が降る異常な天気の下、決勝進出をかけた試合が幕を開けた。相手は、アミノバイタルカップ初の東都1部の大学、立正大学。先週までは1部と戦う資格があるかどうかの戦い。今週からは1部を倒しに行く戦いになります。



両チーム先週の試合からメンバーを入れ替えて臨んだ一戦。序盤は両者浮ついた入りで、自陣で二回ファールを与えるなど、危うい立ち上がりになりましたが、この危機を全員で集中して乗り切ると、徐々に東大にもチャンスが生まれていきます。すると、24分山口のスルーパスに抜け出した沢登がGKとの一対一を冷静に流し込み先制点を挙げます。

アシストをした山口遼

しかし、その直後の25分にあっさり1点を返され、あれよあれよと言う間に3失点。ゴール前でも落ち着いている相手の技術力とこちらのゴール前での守備の淡白さが失点に繋がったか、、

それでも、この試合は一発勝負のトーナメント戦。このまま引き下がるわけにはいきません。
攻め込まれる時間が続きますが、CKから柳澤アーサーが決めて1点差に詰め寄ります。

CKから柳澤が決める

ところが、反撃ムードが漂い始めた73分、相手のゴールキックから僅かパス2本であっさりと決められ2-4。さらに、85分にもクリアミスを豪快にボレーシュートで決められます。終了間際に1点を返すも勝ちには遠く、3-5で試合終了。79分には、相手が退場し10人になるも追いつくことはできませんでした。


試合後のコメント
中沖隼
「天候が悪く、格上相手に番狂わせを起こすには格好の状況だと思っていました。しかし、先制して気が緩んだのか、よく分からないまま3失点してしまいました。2点差はチャンスだと逆に気持ちを奮い立たせて臨んだ後半、少し相手が落ちたところで1点差まで詰め寄り、いけると思いましたが、立て続けに2失点してしまい苦しくなってしまいました。あっという間に終わってしまった悔いが残る試合でした。」


あっさり失点することが多く、納得いかない試合内容ですが、気持ちを切り替えて来週の3位決定戦に臨みます!
来週も応援よろしくお願いします!


NEXT MATCH
4/24(日)アミノバイタルカップ予選三位決定戦 vs東京経済大学 10:30 k.o. @味の素スタジアム 西競技場

Comments