アミノバイタルカップ準決勝

2016/04/14 7:28 に 東大ア式蹴球部 が投稿
4月17日(日)13:20 k.o. @東京経済大学グラウンド

アミノバイタルカップ予選準決勝

vs 立正大学


準々決勝で都2部の上智大を下した東大。ついに1部の相手への挑戦権を得た。

対戦するのは昨年1部3位、関東大会にも出場した強豪、立正大。リーグ戦を前に、自分たちの現在地を測る絶好の機会となる。

ここまで下部リーグを相手にしてきた東大に対し、立正大は1部のチームに対し2戦連続PK勝ち。しびれる試合を競り勝ってきた確かな実力のあるチームだ。特に守備面は、長身のGKを中心に3試合で1失点と安定感を見せている。

準々決勝では、しっかりとボールをつなぐ丁寧なサッカーを展開しており、やはり今まで以上に技術のあるチームといえる。

東大は攻撃から守備への切り替えの早さが不可欠だ。それでも、これまでよりボールを持たれる時間が長くなることも予想される。押し込まれたとしても我慢し、好機をうかがい続ける粘り強さが求められる。守備陣の奮闘なくして勝利はないだろう。

会場は東京経済大。昨年度リーグ戦最終節で悔し涙を流した因縁の場所だ。それ以来の東経大での公式戦。勝利を飾り、いいイメージを持ちたいところだ。

ここで勝利すれば24日の決勝戦で、大東文化大と東京経済大の勝者と優勝をかけて戦う。敗者はそれぞれ3位決定戦へ。

挑戦するだけで終わるつもりはない。求めるものは勝利のみだ。






Comments