2019新年のご挨拶

東京大学ア式蹴球部ホームページを御覧の皆様


新年あけましておめでとうございます。
また旧年中は多大な御支援と御声援を賜りましたこと、改めて御礼申し上げます。


2018年シーズンは、都1部昇格を掲げて始動しました。明らかな格下に敗れ、その前年まで同じリーグにいた相手に練習試合とはいえ大敗を喫するなど決して順調な始動ではありませんでしたが、自分たちのやり方を信じてトレーニングに励み続けました。そしていざリーグ戦が始まってみれば、開幕戦と最終節こそ敗れたものの、3試合を残して昇格、2試合を残して優勝が決まる圧倒的なシーズンとなり、ア式蹴球部の創部100周年に花を添えることができました。


そして迎える2019年、我々東京大学ア式蹴球部は戦いの場を都1部に移します。3年前は無残に敗れ去ったこの舞台で昨シーズン以上のサッカーを披露し、上位に食い込むことは決して容易なことではありません。しかし、選手スタッフを問わず既に部員の目線はそこにあります。もう何十年も成し遂げられていない「関東昇格」の悲願を達成するのは、新たな100年に向かって走り出す創部101年目の今年です。年々大学サッカーのレベルが上がる中で再び「強さ」を持って東京大学ア式蹴球部の価値を高めていけるように日々努力を重ねる所存です。


また、地域交流や全国の高校生との繋がり、学内の部活間協力など積極的にクラブを外の世界と繋げ、今まさに現在進行形で進む大学スポーツの変化の波に乗り遅れることなく、地域や学内に応援され、文武両道に励む高校生達の目標となるような「魅力」を持ったクラブにしていく取り組みにも引き続き力を入れて参ります。


これからの100年、東京大学ア式蹴球部が進むべき道を示すために、ピッチ内外の双方で「今」と「将来」に責任を持って部員一同取り組んで参りますので、本年も御支援と御声援をよろしくお願い致します。

このページを御覧の皆様の2019年が益々素晴らしいものとなることを心より祈念致します。日曜日、御殿下グラウンドにてお待ちしておりますので、歓喜の瞬間を共に味わいましょう。


2019年元旦

東京大学ア式蹴球部

主将 松坂大和

Comments